県内航空写真標定図

21世紀の社会資本整備に求められる多角的な要請に応えるため、以下の技術課題について調査・研究を進めています。

  • 新技術に係る情報の調査収集及び活用を図り、各部門の技術力向上に向けて推進を図る。
  • 顧客が満足できる成果品を提供するため、成果品の新しい技術評価手法の構築を図る。
  • デジタルアースを構成するデータ、情報、知識の収集及びGIS、GPSの研究と構築を図る。
  • 適正工期内完成を厳守するため、工程管理技術のさらなる研究・構築を図る。
  • 建設CALS/EC(公共事業支援統合情報システム)の研究と構築を図る。
  • 新製品の開発と販売(付加価値を備えた航空写真の多目的利用等)を行う。
  • コスト縮減のための手法を研究し構築を図る。

『ISO9001』及び『ISO27001』の取得を契機に、全社一丸となって技術力の向上並びに品質・情報管理の徹底を図ります。